ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

日本脳炎の予防接種

 ポリオや三種混合(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)などとともに、予防接種法が定める「定期予防接種」のひとつ。ある年齢に達したら受けることが望ましいとされ、対象者は「予防接種を受けるよう努めなければならない」と規定されている。 定められた期間内は無料で、日本脳炎ワクチンは3―4歳、9―12歳、14―15歳と3期に分けて計5回接種。毎年約400万人の子どもが受けている。 かつては学校などでの「集団接種」が一般的だったが、少しでも健康被害を減らすため、日常の健康状態を見ながら受けられるよう、1994年以降は各自が医療機関などに出向く「個別接種」が推進されている。定期予防接種のほか、おたふくかぜ、インフルエンザ、B型肝炎など希望者が有料で受けるものは「任意予防接種」として区別される。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ