ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

セカンドライフ

 米国のリンデンラボ社が2002年に立ち上げたインターネット上の仮想空間。「アバター」と呼ばれる分身を使って、現実さながらに買い物や会話などの交流を楽しむことができる。使用する通貨は本物の米ドルと交換も可能な「リンデンドル」。最近は、広告効果を期待する企業や大学などの参入が相次ぐなど、現実社会とリンクさせた動きも目立ってきた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ