ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

業況判断指数

 日銀が1年に4回行う企業経営者向けのアンケート「企業短期経済観測調査」(日銀短観)の中で最も関心の高い項目で、企業の景況感を的確にとらえる経済指標として定評がある。  景気の実感について「良い」「さほど良くない」「悪い」という3つの選択肢の中から回答を得て、「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を差し引いた数字。日銀は大企業、中堅企業、中小企業の規模別と製造業、非製造業の業種ごとに公表している。  9月の短観を見ると、製造業の大企業では「良い」が15%、「悪い」が14%となり業況判断指数は1だった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ