ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

第3号被保険者制度

 会社員か公務員の被扶養配偶者(現行は年収130万円未満)、つまり専業主婦(主夫)を指す。1985年に設けられた制度で、その分の国民年金保険料は第2号被保険者の会社員や公務員全体で賄う。本人負担はゼロだが、老後は自分名義の基礎年金がもらえる。 対象となるには、夫の勤務先か共済組合への届け出が必要(2001年度までは市区町村への届け出)。02年度末現在、該当者は1124万人で、うち男性は7万人。 専業主婦世帯は85年当時、共働き世帯の1・3倍だったが、減少傾向となり、92年に初めて共働き世帯の方が多くなった。02年現在、共働き世帯は939万世帯、専業主婦世帯は893万世帯=グラフ参照。そのため、年金のモデル世帯が「会社員の夫と専業主婦の妻」という国の設定自体に「時代遅れ」との批判も出ている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ