ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

卸電力取引所

 電力自由化により参入が可能になった新規事業者と既存の電力会社の間で、余った発電電力を有効活用できる仕組みとして、経済産業相の諮問機関が設立を提案した。欧米では1990年代以降、英国や北欧諸国、米国、ドイツなどに相次いで開設され、現在では計約30カ所に上る。 米国カリフォルニア州では2000年、一部の企業が取引所での価格のつり上げを狙って電力供給量を意図的に抑えたため、大規模な停電が発生する電力危機を招いた。 このため、日本では電力の安定供給を妨げる不正取引や市場操作を防ぐため、学識経験者などでつくる市場取引監視委員会を置く。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ