ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

宇治山哲平

 1910(明治43)年、日田市豆田町に生まれる。本名は哲夫。漆工・木工会社、福岡日日新聞社(現西日本新聞社)絵画課などに勤務する傍ら、木版画を制作。油絵に転向後、39年に国画会に出展した油彩画「冬山」「山腹」が入選し、本格的に油彩画を始める。奈良県で創作活動を続けた後、大分県立芸術短期大(現県立芸術文化短期大)教授に就任。同大学長も務めた。シルクロードやエジプト文明にも関心を示し、現地に足を運んだ。照蓮寺(同市川原町)本堂欄間の絵、大超寺(同市丸の内町)のふすま絵なども描いた。86年6月18日に死去した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ