ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

相続税法上の「住所」

 2000年に改正される前の相続税法は、贈与税の納税義務者について「贈与によって財産を取得した個人で、取得時に日本に住所がある者」と規定。当時の国税庁長官通達は「住所」について「生活の本拠であり、客観的事実によって判定する」とし、贈与を受けた際に出張などで海外にいた場合や、期間がおおむね1年程度にとどまる海外勤務のケースなどは「住所は日本国内にあることになる」との解釈基準を示していた。法改正後は住所が国内でなくても、贈与する側、される側のいずれかが贈与前の5年以内に国内で住んでいた場合は納税義務を負うことになった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ