ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

被爆樹

 原爆の熱線、爆風、放射線を受けながら生き続けている樹木。長崎市は爆心地の半径4キロ以内を対象に、被爆の痕跡を残す植物を建物や橋梁などとともに「被爆建造物」に指定し、32カ所45本を登録。重要度が高いABランクの保存整備費用は、4分の3を市が補助している。広島市は爆心地の半径約2キロ以内を対象に「被爆樹木台帳」を作成し、55カ所、約170本を登録。2001年度から樹勢を回復させる事業を行っている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ