ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

閣僚の臨時代理

 内閣法に基づき、閣僚が職務を行えない場合に、首相か首相の指定する閣僚が職務を代理する仕組み。閣僚の海外出張時などに利用される。辞任に伴うケースでは、2008年9月に汚染米不正転売問題の太田誠一農相、日教組批判発言の中山成彬国土交通相の後任が決まるまでの数日間、官房長官が臨時代理となった。10年11月に国会軽視発言で柳田稔法相が辞任した際には、新たに閣外から後任を選ばず、仙谷由人官房長官が法相に正式就任して「兼務」となった。臨時代理、兼務とも閣僚としての権限に違いはない。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ