ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

カネミ油症被害者救済法案

 原案は「有害化学物質による健康被害の調査研究および調査研究協力金に関する法案」としている。カネミ油症の原因物質は当初、ポリ塩化ビフェニール(PCB)とみられていたが、その後、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)などダイオキシン類が主因と判明。しかし、PCDFの血中濃度が診断基準に追加されたのは2004年9月と大幅に遅れたため、新たな救済策が必要との声が高まっていた。 法案では、国による実態調査や治療法研究に協力した人に「協力金」を支払うが、損害賠償請求訴訟の和解(国への訴え取り下げ)により患者側が返還を迫られた過去の勝訴判決に基づく国からの仮払金問題には触れていない。農水省によると、国が返還を求めている仮払金残高は現在、患者・遺族510人に対する17億2700万円と、なお多額にのぼっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ