ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

永井 隆(ながい・たかし)博士

 1908年、島根県松江市生まれ。長崎医科大(当時)助教授時代、爆心地から約700メートルの同大研究室で被爆。妻を失い自らも重傷を負ったが、被爆者救護に力を注いだ。研究中に浴びた放射線の影響で白血病となったが、病床で原爆症の研究を続け「長崎の鐘」「この子を残して」などの著作を出版。51年に43歳で死去した。熱心なカトリック信者としても知られる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ