ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

緊急被ばく医療体制

 1999年の東海村臨界事故を機に、国の原子力安全委員会が原発立地自治体などに被ばく医療を担う病院のネットワーク化や医療マニュアル整備を要請した。被ばく患者の応急処置などをする「初期」▽放射線のホールボディーカウンター(全身測定装置)や全身除染設備などがあり入院も可能な「2次」▽より重症な患者に高度で専門的な除染や線量評価、診療をする「3次」-に分類。3次施設は東日本の放射線医学総合研究所(千葉市)と、西日本の広島大学(広島市)の2カ所を国が指定している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ