ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

黒板

 多数の学習者に対して一斉授業をする用具として、16世紀から欧州で使われるようになり、公教育制度が確立する19世紀から学校に広まった。日本では1872(明治5)年、東京師範学校の外国人教師が米国から黒板を導入し、全国の学校に普及した。当初は墨汁を塗り付けた木板に白墨(チョーク)で文字を記した。最近では光の反射、目の負担を考え、暗緑色の黒板が主流になっている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ