ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

人身取引

 国連のパレルモ議定書(2000年)に基づき、搾取の目的で、だましたり脅したりして人を連れ出し、働かせることと定義される。性的搾取のほか強制労働、臓器移植などを含む。日本政府は、米国から人身取引の「監視対象国」に名指しされたことなどを受けて04年、人身取引対策行動計画を犯罪対策閣僚会議で決定。05年の刑法改正で人身売買罪を新設し、09年には労働搾取への対応を視野に入れ行動計画を改定した。ただ、被害者の認定基準は不透明で保護施策も不十分との批判がある。  米国務省は11年、世界の人身取引の実態に関する年次報告書で日本を7年連続「最低基準を満たさない国」に分類した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ