ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

杉浦重剛(すぎうら・じゅうごう)

 ▼昭和天皇の御進講役  1855(安政2)年―1924(大正13)年。明治・大正時代の保守的、国粋主義的な教育家、思想家。膳所(ぜぜ)藩(現滋賀県大津市)出身。自然科学を儒教道徳に結びつけて解釈する思考態度を基とし、迪宮裕仁(みちのみや・ひろひと)親王(後の昭和天皇)の倫理学の御進講役も務めた。  膳所藩の儒者、杉浦重文の二男。洋学研究・教育機関の東京開成学校などで学び、1876年に政府派遣留学生として英国に渡り化学を専攻。東京大学予備門長などを経て90年に第1回衆議院議員選挙に出馬し当選、91年に辞職。  俳人・正岡子規を育てたことでも知られる明治期を代表する言論人、陸羯南の新聞「日本」の発刊に尽力し後援。読売新聞、東京朝日新聞の論説を担当した時期もある。  東大予備門への進学予備校だった東京英語学校(日本中学校と改称、現日本学園中学・高校)の創立者の一人で、長く校長を務めた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ