ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

脆性遷移温度(ぜいせいせんいおんど)

 金属などの物質が本来持っている粘り強さを失い、小さな力でも壊れやすくなる温度帯のことを指す。同じ力でも高温だと壊れずに耐えられるが、低温になると壊れやすくなる。原発の原子炉圧力容器の壁に中性子が当たると鋼鉄は劣化し、脆性遷移温度は上昇、高温でも壊れやすくなる。電力会社は定期的に炉内の試験片を取り出し、劣化状況を調べている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ