ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

サマルカンド紙

 751年、中国を支配した唐とイスラムのアッバース朝が「タラス河畔の戦い」(戦場は、現在のウズベキスタンの隣国キルギス)を繰り広げた。唐軍の捕虜が古代中国の紙すき技術を伝え、サマルカンドで独自の製法が誕生。当時のイスラム世界には草木の繊維を圧着させる「パピルス」や、羊の皮を薄く加工した「羊皮紙(ようひし)」など高価なものしかなく、相対的に安価なサマルカンド紙が広まったとされる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ