ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ヒッグス粒子

 英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授らが1964年に理論的に提唱した粒子。あらゆる所にあるが、目に見えず通常は感知することができない。宇宙が始まった大爆発(ビッグバン)の100億分の1秒後に生まれ、海のように空間を満たしたとされる。クォークなど他の粒子はそれまで重さ(質量)を持たず光速で飛び回っていたが、ヒッグス粒子の海の出現により、水の中を進む時のように動きにくくなった。この動きにくさが質量の起源と考えられている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ