ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

緊急時対策支援システム(ERSS)

 原子炉の圧力、温度、放射線量のほか電源や各種安全装置の作動状況などを監視し、事故発生時には事故の進展や放出される放射性物質量などを予測するシステム。現在は経済産業省の独立行政法人・原子力安全基盤機構が運用している。緊急事態を想定して1987年に開発が始まり、開発・運用に約155億円が投じられた。福島第1原発事故で初めて真価を問われたが、役に立たなかった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ