ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

現行制度との違い

 現行の公的年金制度は2階建て。1階は全加入者共通の基礎年金で財源は税と保険料で半分ずつ。加入先は職業別で、自営業や無職の人は国民年金に入る。現在、保険料は定額で月約1万5千円、支給満額は月約6万6千円。2階は報酬比例の保険料方式で、民間サラリーマンは厚生年金、公務員は共済年金に加入。労使折半の保険料率は厚生年金の場合、現在16・412%。  新年金制度は民主党が導入を主張。分立した各制度を一元化し所得比例年金に再編する。保険料方式で料率は15%を想定。税財源の最低保障年金を低所得者向けに創設し、基礎年金は廃止。財政の仕組みは現行制度も新制度も、現役世代が受給世代に仕送りする「賦課方式」だ。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ