ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

被疑者ノート

 違法な取り調べやうその供述調書の作成を防ぐため、弁護士が逮捕された容疑者らに差し入れて取り調べ状況を記録してもらうノート。2003年に大阪弁護士会が考案した。04年には日弁連も作成、密室の取り調べ状況を明らかにして容疑者の権利を守るものとして普及を図っている。日弁連版はA4判56ページで、容疑者自身が取り調べ後に毎日記入する。取り調べの日付や時間、取調官の氏名や態度、暴行や脅迫があったかなどの項目がある。裁判でノートが捜査の違法性を認める根拠になった例があり、元厚生労働省局長の無罪事件でもノートへの記載が特捜検察の違法捜査を明らかにして注目された。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ