ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

東電の計画停電

 東京電力の計画停電は、福島第1原発事故を受け、東電管内で昨年3月14―28日に実施された。原発停止で供給力が需要を下回ることが見込まれ、不測の大規模停電を回避する目的だった。  実施方法は、管内1都8県を五つのグループに分割。グループごとに停電する時間帯を割り当て、順番に停電させた。停電時間は1回につき3時間程度だった。  ただ、その時間帯の需給状況などで直前に停電が回避されることがあったほか、同じグループ内でも停電する地域と、しない地域が出るなど混乱した。東電のコールセンターには「うちは停電するのか」などの問い合わせや苦情が殺到しパンクした。  停電で、鉄道の運休や店舗の臨時休業などが出たほか、信号機も消え、エレベーターに閉じこめられる人が相次ぐなど、市民生活に大きな影響があった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ