ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

契約金の最高標準額

 1993年に逆指名制度が導入された際に設けられた。最高標準額を1億円とし、翌年からドラフト1、2位の指定枠選手には5千万円までの出来高払いを設定できるようになった。契約金の高騰化防止が目的だったが、上限額とはせず、罰則規定もなかった。2007年に西武と横浜(現DeNA)で最高標準額を超える契約金が支払われていたことが発覚し、両球団に厳重注意処分が科された。12球団は07年10月に契約金1億円を上限とし、出来高払いは契約金の50%を上限とすることを決めた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ