ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

交通遺児育英会

 1960年代の日本の高度成長に伴い、交通事故が多発。交通遺児の救済策として衆院特別委の決議を受け、69年に当時の経済界有志らが呼び掛けて設立された。保護者が交通事故で死亡、または重度の障害を負うなどした家庭の子どもで、経済的に修学が困難な人が高校、大学、大学院、専門学校などで学ぶ際に入学一時金や奨学金(月額2万~10万円)を無利子で貸与する。地方出身の学生のために東京、関西で寮も運営。奨学生はこれまでに5万人以上とされる。2011年に公益財団法人になった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ