ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

原発の「地元」

 立地自治体や、電力事業者と安全協定を結んだ市町村を指すが、法的な根拠はない。東京電力福島第1原発事故では、事故対策の重点区域の外側にも被害が広がり「地元」の線引きが議論に。事故後に原発から半径30キロに拡大される方向の緊急防護措置区域(UPZ)に一部がかかる滋賀県や京都府は「被害地元」として、再稼働への同意など地元に準じる扱いを主張。大阪市の橋下徹市長も基本的な在り方として、100キロ圏内の都道府県との安全協定締結を求めている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ