ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

奄美の系図焼棄論

 後に鹿児島県名瀬村(現奄美市)の村長を務めた郷土史家都成植義が1900(明治33)年に出版した「奄美史談」の中で主張した。系図差し出しを命じる薩摩藩の「申渡」を根拠に「島民の系図、文書を取り上げ焼棄したり」と述べ「薩摩藩が奄美の歴史を隠滅した」などの解釈が広まる発端になったという。70年代以降「歴史隠滅が目的だったかどうかは疑問」とする論文も発表されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ