ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

藤田スケール

 竜巻など突風の風速を被害状況から推定する尺度で、通称「Fスケール」。竜巻は強風となる範囲が限定的で風速計などの観測網で捉えることが困難なため、1971年に米シカゴ大学の気象学者藤田哲也博士が考案した。強い順からF5~0の6段階で、F3の被害状況は「壁が押し倒され住家が倒壊する。汽車は転覆し、自動車は持ち上げられて飛ばされる。森林の大木でも、大半折れるか倒れるかし、引き抜かれることもある」としている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ