ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

日本セラピューティック・ケア協会

 2002年発足。秋吉美千代理事長が1999年に英国に渡って持ち帰ってきたセラピューティック・ケアで、人々の心身の健康に貢献しようと活動している。セラピューティック・ケアはまさに「手当て」。秋吉理事長は「柔らかくて、ぬくもりがある手にはすごい力がある。例えば問題行動がある認知症の人でも同ケアを受けると笑顔を見せ、落ち着くようになる」と話す。取り組みの柱の一つは奉仕活動で、会員たちが福岡県内の病院や老人施設などで患者やお年寄りらに同ケアを提供している。講習会も実施。技は短時間で習得でき、小中学生にも教えている。会員は福岡を中心に全国に広がり、現在約370人。福島県新地町でのボランティア活動は昨年9月に続き2回目。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ