ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

長崎-上海航路

 1923年、日華連絡船として日本郵船が長崎丸と上海丸を就航させ、長崎-上海間を週2往復した。「げたを履いて上海へ」と言われるほど人気を集めたが、42年に長崎丸が日本軍の機雷に接触して沈没、翌43年には上海丸も事故で沈没し航路は途絶えた。94年、日中の合弁会社が週1往復の定期航路として復活させたが、集客や集荷が伸びずに2年半で廃止。HISの経営になったハウステンボスが、集客の柱のひとつとして航路再開を計画、2012年2月29日から営業運航を始めた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ