ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

水俣病の補償と救済

 水俣病をめぐっては、公害健康被害補償法に基づき、患者と認められた人(認定患者)には原因企業チッソから慰謝料1600万~1800万円が支払われる。認定基準は厳しく、患者と認められなかった多くの人が裁判などに訴えたため、国は1995年、約1万人に一時金260万円を支給する政治決着を図った。  2004年の関西訴訟最高裁判決で、国の基準より幅広い症状が被害と認められたため、国は2度目の政治決着として09年、水俣病被害者救済法を成立させ、一時金210万円を支給する救済策を打ち出した。  救済法はその財源をチッソに工面させるため同社の分社化も盛り込んだ。11年4月に事業子会社「JNC」が営業開始。チッソはJNC株式を100%保有し、配当金を当面の補償や借金返済に充てる。将来は株式売却、会社清算も視野に入れる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ