ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

日本救急医学会の終末期指針

 回復が見込めず死期が間近に迫った救急患者への対応をめぐり、延命治療の中止・差し控えの際の手続きを明確化するため2007年に策定された。(1)脳死など不可逆的な全脳機能不全(2)生命維持を人工装置に依存し、代替手段がない(3)さらなる治療方法がなく、数日以内の死亡が予測される(4)積極的な治療の開始後、悪性疾患や回復不可能な疾病の末期と判明-のいずれかを「終末期」と定義。医療チームの判断で患者にとって最善の対応を選択するよう求めている。人工呼吸器の取り外しも選択肢の一つとして容認している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ