ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

PISA(国際学力調査)

 主要国でつくる経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう)(OECD)が、義務(ぎむ)教育を終えた15歳(さい)(日本では高校1年生)を対象に、2000年から3年ごとに調査している。どれだけ知識(ちしき)があるのかを探(さぐ)るのではなく、学んだ知識や技能(ぎのう)を実生活にどう生かすか、その活用力、問題解決(かいけつ)力を調査する。OECDは、労働人口のうち製造業(せいぞうぎょう)に従事(じゅうじ)する比率(ひりつ)が減(へ)り、知識情報(じょうほう)産業に従事する比率が増(ふ)える「知識基盤(きばん)型社会」の到来(とうらい)を予測(よそく)。そうした未来社会を生きるために必要な力として、コンピテンス(実生活への活用力)とリテラシー(情報を読み解(と)く能力(のうりょく))と定義(ていぎ)。読解力(どっかいりょく)(国語に相当)、数学的応用力(おうようりょく)(数学に相当)、科学的応用力(理科に相当)の3分野で試験を実施(じっし)している。日本は03年調査で、数学的応用力が1位→6位、読解力が8位→14位へと順位が急落し、「PISAショック」と呼(よ)ばれ、脱(だつ)ゆとり、学力強化への学習指導要領(しどうようりょう)見直しにつながった。直近の09年調査では、読解力=15位→8位▽科学的応用力=6位→5位▽数学的応用力=10位→9位と、回復傾向(かいふくけいこう)が見られた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ