ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

家庭的保育事業

 40年以上前に京都市や横浜市で始まり、近年は待機児童対策として首都圏を中心に広がる。国の指針では、家庭的保育者1人につき子ども3人、補助者がいれば5人まで。保育場所は9・9平方メートル以上で、3人を超えると1人につき3・3平方メートル加算。保育者や補助者になるには自治体の研修を受ける。2011年度は約100の自治体が実施し、約5700人が利用。九州では福岡市、北九州市、大分市、鹿児島県奄美市が取り組んだ。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ