ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

水俣病被害者救済法に基づく救済策

 水俣病被害者救済法に基づき、国の基準では水俣病患者と認められないが、一定の症状がある人を被害者と位置づけ、一時金210万円、医療費などを支給する内容。2010年5月に申請受け付けを始めた。今年7月末に締め切り、県内4万2961人(鹿児島県2万82人、新潟県2108人)の申請があった。救済策は原則、認定患者が多発した地域を対象とし、チッソがメチル水銀の排水を止めた翌年の1969年12月以降に生まれた世代も原則救済対象から外している。水俣病不知火患者会の損害賠償訴訟でも原告とほぼ同水準の和解が成立している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ