ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

継続企業の前提

 企業が将来も事業活動を続けられるという前提を意味する。債務超過や本業の赤字などで懸念が生じた場合に「重要な疑義がある」、対策を取っても不確実性が残る場合は「重要な不確実性がある」と決算短信などに記載し、投資家に周知する。最近では、会社更生法の適用を申請して破綻し再建中の半導体大手エルピーダメモリが「疑義」と「不確実性」を記載した。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ