ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

王羲之(おうぎし)

 303~361年(諸説あり)、中国・東晋の書家。楷書、行書、草書を芸術的な書体へと完成させ、古今第一の書家として「書聖」と称された。優雅で力強い書風は、唐の太宗皇帝など歴代皇帝が愛好。353年に揮毫(きごう)した詩集の序文「蘭亭序」が最高傑作とされる。作品の多くは宮中に収集された後、戦乱などで失われ、真跡は残っていない。貴族出身で地方長官なども務めた。子の献之も書家で父と並び「二王」と呼ばれた。日本には奈良時代に伝わり、和様の書風に影響を与えた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ