ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

多発性硬化症

 若いときに突然、視力が低下したり、顔の感覚まひや歩行困難が生じたりするなど、症状は人によって異なる。視神経と脳や脊髄の中枢神経で、覆っている「髄鞘(ずいしょう)」という膜が壊れて神経がむき出しになることで起きる。症状が一時的に軽減したり再発したりするのも特徴。原因は不明。平均発病年齢は30歳前後と若く、60歳以上はまれ。医療費の助成対象となる厚生労働省の特定疾患に指定されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ