ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

相対的貧困率

 経済協力開発機構(OECD)が作成した指標で、国民一人一人を可処分所得が多い順に並べた際の中央値を算出し、その中央値の50%(貧困線)未満で生活する人の割合。可処分所得は、収入から税金や社会保険料などを差し引いた自由に使えるお金。2009年の厚生労働省調査で貧困線は112万円(実質値)だった。相対的貧困率には、不動産などの資産は反映されない。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ