ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

みなし否決

 憲法の衆院優越規定の一つ。59条は、衆院から送付された法案を参院が60日以内に採決しない場合、衆院は「参院が否決したものとみなすことができる」と規定。参院否決の際と同様に、衆院で出席議員の3分の2以上の多数で再可決すれば成立する。予算や条約の自然成立(30日)と異なり、みなし否決を適用するとの動議を衆院で議決する必要がある。みなし否決により再可決した例は、国立病院資産に関する1952年の法律と、ガソリンの暫定税率を復活させる2008年の税制改正法があるだけだ。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

関連記事

PR

PR

注目のテーマ