ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

「人口減少社会」とは

 ▼九州125市区町村、消滅恐れ  人口が継続して減少していく「人口減少社会」。総務省の推計(毎年10月1日現在)によると、日本の総人口は11年以降、減り続けており、14年は1億2709万人(概算)。国立社会保障・人口問題研究所は、48年に1億人を割ると見込む。  年少人口(0~14歳)は33年連続、生産人口(15~64歳)は4年連続で減っている半面、老年人口(65歳以上)は42年まで増え続けるという。高齢者1人を1.4人(15~64歳)で支える形となる。  民間の政策提言機関「日本創成会議」は、40年までに20~39歳の女性が10年の半分以下となる市区町村が全国の半数に上ると試算し、「将来、消滅の恐れがある」と指摘した。九州でも半数の125市区町村がこれに該当する。  福岡市の人口について、同研究所は25年に人口減少に転じ、40年には約143万人まで落ち込むと推計。市は「人口増加率が近年と同様、ある程度プラスが続く」とみて、独自に34年までは人口が増え続け、約160万人に達すると試算。その後に減少する見通しだ。ただ、こうした「強気」の推計でも20年には生産人口が減少に転じる見込み。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ