ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

白血球と炎症

 白血球は無色、有核の細胞で、リンパ球、顆粒白血球などの種類がある。赤血球よりやや大きいが数は少なく、人間の血液1立方ミリメートル中に5000―7000個。細菌や異物を取り込んで殺すなどの生体防御活動を行う。その際、身体に生じる発赤、はれ、痛み、発熱などが炎症と呼ばれる。従来の抗炎症剤は、痛みを引き起こす物質の作用を止めるなど対症療法が主で、炎症を抑える効果はなかった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ