ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

無窮洞

 太平洋戦争中に、旧宮村国民学校の校長の発案で掘られた防空壕(ごう)。1943年から終戦までの約2年間、児童や教員がつるはしや鍬(くわ)を使い手作業で掘り続けた。幅5メートル、奥行き19メートルの主洞には空襲時、全校生徒約600人が避難したという。幅3メートル、奥行き15メートルの副洞や装飾が施された教壇、避難道、かまどなどが残る。2002年に佐世保市により整備され、現在は無窮洞顕彰保存会の会員が来訪者を案内している。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ