ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

伊方原発

 四国電力が愛媛県伊方町に持つ計3基の加圧水型軽水炉。「日本一細長い」とされる佐田岬半島の付け根に位置し、事故時には半島の先端側の住民らが孤立する可能性が指摘されている。3号機(出力89万キロワット)は1994年に運転開始。2011年に定期検査で停止し、16年8月に再稼働したが、17年12月に広島高裁が仮処分決定で18年9月30日までの運転差し止めを命じ現在は停止中。77年運転開始の1号機、82年開始の2号機(いずれも出力56万6千キロワット)は多額の安全対策費がかかるなどとして、四国電は廃炉を決めた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ