ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

余震確率

 気象庁が本震の発生後おおむね1日後に算出し、公表していた大きな余震の発生確率。本震直後に多く、時間とともに減少するという余震の特徴と、規模が大きい地震は少なく、小さい地震は多いという地震全般の特徴を示す数式から導き出す。本震から7日後程度までは3日おき、その後は1週間おきに更新してきた。1995年の阪神大震災を契機に活断層の長期評価が導入され、より短期的な予測として98年に公表が始まった。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ