ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

金剛山観光事業

 韓国の故金大中(キム・デジュン)大統領が進めた南北融和策「太陽政策」の象徴の一つで、南北軍事境界線から北へ約20キロの金剛山地区を舞台にした観光開発事業。金剛山麓出身の韓国最大財閥、現代グループの創業者、故鄭周永(チョン・ジュヨン)氏が1998年に訪朝して、故金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談し、観光開発の独占契約の見返りに、北朝鮮に9億4200万ドルを支払うことで合意。同年11月に第1陣の韓国人観光客が訪問した。
 朝鮮半島有数の景勝地で、仏教の聖地とも称される金剛山の観光事業は人気を集めたが、2008年7月に金剛山地区の海水浴場近くで韓国人の女性観光客が北朝鮮兵士に銃撃されて死亡した事件で南北が対立し、事業は中断。10年に北朝鮮が金剛山地区の韓国側の資産を没収した。
 統計庁によると、観光解禁中の11年間の観光客は約195万人。最も多かったのは、07年の約34万人だった。高城郡庁によると、事業中断の影響でこれまでに休業したり、廃業したりした郡内の飲食、宿泊施設などは414軒で、郡全体の20%近くに達するという。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR