ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

VX

 1950年代に英国、米国で開発された化学兵器用の神経剤で、人の神経伝達機能に障害を与えて死に至らせる。無味無臭で無色、または琥珀(こはく)色の液体。高濃度の場合は粘着性もある。液体や噴霧の形で使われる。揮発性が低くゆっくりと気化するため、毒ガスとしての効果が持続する特徴がある。皮膚などから吸収され、呼吸困難や意識障害、瞳孔の縮小などを引き起こす。サリンやタブンなど同じ神経剤の中で最も殺傷能力が強いとされ、「人類が作った化学兵器で最も毒性の強い物質」(専門家)とも言われる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ