ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

国営諫早湾干拓事業を巡る訴訟

 潮受け堤防排水門の開門の是非を巡り、複数の訴訟が起こされ「司法判断のねじれ」が生じている。福岡高裁は2010年12月、国に5年間の開門調査を命じ、国が上告せずに判決は確定。これに対し、長崎地裁は13年11月に開門を差し止める仮処分を決定し、15年11月には決定に対する国の異議を退けた。高裁の確定判決に従っていない国は、開門を求める漁業者側に1日90万円の制裁金を支払い、これまでに7億6500万円に上る。このほか長崎地裁や最高裁で、別の漁業者が開門を求める訴訟が審理されている。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ