ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

敵基地攻撃能力

 弾道ミサイル発射基地など相手国の基地を攻撃する装備能力のこと。具体的には(1)敵基地の所在確認(2)敵の防空能力の無力化(3)十分な打撃力-が必要とされる。1956年の政府見解は、誘導弾(ミサイル)攻撃など「急迫不正の侵害」で、他に防御手段がない場合には「座して自滅を待つべしというのが憲法の趣旨とは考えられない」として、必要最小限度での敵基地攻撃は可能との考えを示した。従来、政府は専守防衛の立場から攻撃用武器保有はしない方針を堅持してきた。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ