ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

ロフテッド軌道

 弾道ミサイルを通常より高い角度で打ち上げる軌道。飛距離は通常時に比べて短くなるが、落下時に非常に高速になり迎撃が困難になる。北朝鮮は2017年、米国を射程圏とする大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」や「火星14」打ち上げの際にロフテッド軌道を多用。落下地点を日本の排他的経済水域(EEZ)内とするなど飛距離を調節し、米国への過度な刺激を避けた。弾頭の大気圏再突入時などの条件が通常の軌道と著しく異なり、ミサイル開発には適さないとの指摘もある。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR

注目のテーマ