ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

水俣病被害者救済法に基づく健康調査と脳磁計

 2009年に施行された水俣病被害者救済法37条は「政府は、メチル水銀が人の健康に与える影響に関する調査研究を積極的かつ速やかに行う」「調査研究の実施のため、手法の開発を図る」と規定する。感覚障害は従来、医師が針や筆を使い、手足に刺激を与えて診断してきた。国は10年度から、脳の活動部位で生じる微小な磁気を計測する脳磁計を用いた診断法の開発を進める。脳磁計で計測した脳内の磁気の有無や強さで、感覚障害の有無が客観的に診断できるとされる。

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

PR

PR